南三陸町

南三陸町といえば町長が役場の手すりに掴まって津波から逃れた事で知られています。

その三陸町で新しい役場が完成しました、とはいっても30畳くらいのプレハブです。 この中に今日は13人の役場の職員が集まって会議をしたそうです。 それはダンボール一箱の書類だけ、戸籍簿は幸いに法務局に残っていたそうです。しかし役場に手書きの転居届けを書いて避難所に置いて去って行く人もいるそうです。 前途多難な南三陸町です

この記事について

このページは、xgが2011年3月23日 00:16に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「ハルピンの氷祭り」です。

次の記事は「日本国民の誇り」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。