2011年1月アーカイブ

ハルピンの氷祭り

今日のローカルTV局でアナウンサーが中国ハルピンに行ってました。 それは毎年2ヶ月に亘って行われる氷祭りの模様を
取材に行ったのです。 この真冬に行われるとても大きな祭りです。 全部氷で出来ていて高さ45Mもある氷の城がTVに写って
いました。 また第2会場にある高さ3メートルくらいの氷像が50体もあります。
第1会場は市内を流れる松花江の対岸にあり市外地です そこに5千坪もの広い会場に氷ブロックをクレーンで積むのです。
あらかじめ赤青黄などの蛍光灯を中に入れて積み上げて夜に点灯するのでその美しさと言ったらありません。
第2会場の人物像もバーをジャンプしている場面を氷に彫っています。 中国の見事さは素晴らしいの一言です。
またレポーターの女子アナは外はマイナス25度、内はプラス20度の室内で名物の<水餃子>を湯気を上げながら食べていました。
ハルピンは焼き餃子は食べないので全て<蒸す>水餃子です。

父の年賀状

父が元旦に年賀状を取りに行くから運転してくれと言います。
父は普段は別な住所に住んでいるのです。
その年賀状は200枚はあります。 現役を引退してもう数十年も立つのに大した数です。

もう整理したらと忠告しますが全く聞く耳をもちません。
最近も数枚ずつ増えているようです。 だから年賀状には異常な執念を燃やしています。

それを知っている私は黙って年賀状を取りに行く父を乗せていきます。
「ちょっと待っててくれ」 父は年賀状を取りに行きます。
やがて手に100枚以上の年賀状を持って喜んで戻ってきます。
帰りの車は静かに年賀状を確かめています。 それが生きている証なのかもしれません。

このアーカイブについて

このページには、2011年1月に書かれた記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2010年11月です。

次のアーカイブは2011年3月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。