2010年1月アーカイブ

知り合いの国際結婚相談所にお見合いの申し込みが数件あったそうです。
ここ最近はぱったりとこなくなっていたので、相談所の方も喜んでいました。

何か状況が変わったかを考えてみると、1、2年前の中国の悪いイメージが消えてきた感じもありますしね。

最近では、中国のGDPが日本にせまってきたという話も聞きますし。
中国女性達も、中国から日本に国際結婚でやってくるメリットがなくなってきてしまうかもしれませんね。。

そう考えると日本人男性からしてみれば今がチャンスなのかもしれません。

自閉症気味の男性

今知り合いの国際結婚相談所には、自閉症気味の男性が相談にきているそうです。

相談にきているといっても本人の希望ではなく、なかなか結婚しない息子さんのことを心配したお父様からの相談らしいです。

話をしてみると、普通の会話でも途切れ途切れな感じで、本人も「自分に自信が持てない」と言っているとのことです。

その様な場合、中国から女性がやってきて結婚してもまともに会話できるのでしょうか??

愛想をつかして逃げていってしまうかもしれません。

または、優しい包容力のある女性であれば、彼としっかりとコミュニケーションを取り、彼の自立、また女性は日本での生活への順応とお互いの目標の為にがんばっていけるかもしれません。

何もせずにじっとしているより、行動を起こす方が何かを変えることが出来るという考え方もありますね。

中国人女性の生活習慣

国際結婚でやってくる中国人女性が、日本の生活習慣に馴染めないというケースがあります。

例えば、貧困がひどい地域でお風呂が無い家で育った女性などは、お風呂の入り方も良く分からず日本の家族ともめることもあります。

聞いた話ですが、
ある女性はお風呂に入ると長い髪がたくさん抜けて排水口が良くつまってしまうらしいです。
そこで女性は排水口のゴミよけの網にかかった髪を取るそうですが、取った髪を浴室の棚にそのままにしておくそうです。
家族は
「気持ち悪いから捨てなさい」
と言うそうです。

確かに家族の気持ちは分かりますね。
日本人女性ならまずしない行為です。

こういったことが生活の中でたくさん起きてくるので、根気よく色々教えてあげる必要があるみたいですね。

このアーカイブについて

このページには、2010年1月に書かれた記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2009年12月です。

次のアーカイブは2010年2月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。